メールマガジン登録解除




DASCH Pro
FileMakerCertified & FBA








FileMakerJapan Site link

Learning from IT expert

FileMaker Pro User's Meeting

FM-Hokkaido
FollowMe @dbpowersco
イベント
イベント : FileMaker ステップアップトレーニング 開催のお知らせ
投稿者 : officials 投稿日時: 2014-04-07 08:22:04 (2480 ヒット)

FileMaker ステップアップトレーニング 開催のお知らせ

概略:
株式会社DBPowersでは、FileMaker ステップアップトレーニングを2014年5月19日(月)、20日(火)の2日間、北海道札幌市生涯学習施設「ちえりあ」にて開催します。本トレーニングは、FileMaker, Inc. の公式トレーニングカリキュラム「FileMaker Training Series for FileMaker 12(日本語版) 」を教材したトレーニングコースに、最新の FileMaker Training Series:Basic for FileMaker 13(英語版)から 、先日より公開された「FileMaker Training Series: 基礎編」から FileMaker 13 プラットフォームの新機能の解説と活用法を補完して提供されます。これから FileMakerを始めたい方や、FileMaker ソリューション作成の基礎を学びたい方々を対象にしています。

開催日:2014年5月19日(月)・20日(火)
開催場所:札幌市生涯学習施設「ちえりあ」

FileMaker プラットフォームのバージョン13が、2013年12月4日に発売され、大幅に機能強化されました。中でもiPad&iPhoneやWeb向けのソリューション作成に役立つ新たなデザインツールが各種追加されています。FileMaker プラットフォームは、過去20年以上に渡り、世界の様々なユーザに、いろいろなビジネスシーンでご利用されています。定期的なバージョンアップにより、長年にわたり機能強化されていますが、高機能でありながらもシンプルな使いやすさが、FileMaker プラットフォームの信条です。ぜひ、FileMaker まだご存知のない方やご利用を始めたばかりの方にも学んでいただき、ビジネスの効率化や改善をご自身の手で達成していただきたいと考えています。

また、FileMaker プラットフォームは、過去のバージョンでも最新のバージョンでも使用感や使用方法の統一性が優れているため、これまでの経験やスキルを、引き続き新たなバージョンでも活用できます。さらに、新機能を学ぶことにより新たなポテンシャルを引き出すことが可能です。

本トレーニングでは、FileMaker ソリューション作成のための基礎知識や概念をきちんと習得することを目標としています。受講することにより、FileMaker ソリューションの作成が、効率的におこなえ、高い品質をたもてるようになります。
使用する教材は、日本語版として提供されている「FileMaker Training Series for FileMaker 12(日本語版)」になります。また、FileMaker 13 プラットフォームの新機能に関しては、新たに提供開始された「 FileMaker Training Series:Basic for FileMaker 13(英語版)」から講師が抜粋し日本語で「 FileMaker Training Series: 基礎編』から解説します

トレーニングの対象:
・表計算ソフトや他のデータベースソフトは使ってはいるが、FileMaker を初めて使おうと思っている方
・FileMaker を使ってはいるけれども自分では作り込むスキルが不足していると思っている方
・FileMaker Go を導入し、iPadやiPhoneをビジネスで活用し、新しいことを始めたい思っている方
・バージョン6以前までの知識をスキルアップしたい方


トレーニングの内容:
・FileMaker Training Series for FileMaker 12(日本語版)をベースに FileMaker プラットフォームの初学者や初級者の理解を進める内容となります。
FileMaker Training Series:Basic for FileMaker 13は現在英語版の提供になっていますので、講師がFileMaker Training Series:Basic 英語版「 FileMaker Training Series: 基礎編』から FileMaker 13 に関する内容を抜粋し、トレーニングに追加し、バージョン13によるソリューション作成法を学習します

トレーニングのスケジュール:
5月19日

09時45分〜11時45分(Sec-01/120)
: 構造とソリューション構築・ファイル作成の基本的な考え方

13時00分〜15時00分(Sec-02/120)
: レイアウトから考えるシステムとその作成方法

15時30分〜17時30分(Sec-03/120)
: 再利用可能なレコードの作成方法とデータの捉え方

18時00分〜20時30分(Sec-04/150)
: リレーションシップの基本的な理解とスキルアップの為の基礎知識

20時45分〜21時15分
: QandA

5月20日(火)

09時45分〜11時45分(Sec-05/120)
: スクリプトの利用で広がるシステムの利用範囲と拡張性の理解

13時00分〜16時00分(Sec-06/180)
: 基本機能を利用した他システムデータとの連携や置換え

16時15分〜16時45分
: QandA


トレーニング参加にかかる費用:
・上記スケジュール上のSection内容により以下の金額が設定されています。
--Sec01:2,000円
--Sec02:3,000円
--Sec03:3,000円
--Sec04:3,500円
--Sec05:3,000円
--Sec06:3,500円

トレーニングのお申込:
・上記セクション毎の事前のお申込が必要となります。お申込いただいた後、ご請求書をお送りいたしますので、ご入金確認後に受講証をお送り致しますので、当日は受講証をお持ちください。尚、各セクションは定員10名を上限とした開催を予定しております。
申込