メールマガジン登録解除




DASCH Pro
FileMakerCertified & FBA








FileMakerJapan Site link

Learning from IT expert

FileMaker Pro User's Meeting

FM-Hokkaido
FollowMe @dbpowersco
イベント
イベント : FileMaker スキルアップ・ワークショップ札幌開催-2015年11月14日 (土)
投稿者 : officials 投稿日時: 2015-09-28 13:31:00 (2189 ヒット)

FileMaker スキルアップ・ワークショップ札幌開催-2015年9月13日 (日)

テーマ:FileMaker 14 プラットフォームの様々な便利な機能を利用して備品管理ソリューション(備品台帳)を作成。

日時:13:30〜17:30(受付開始13:15)  申込締切2015年11月13日(土)

お申込が必要です:
お申し込み先はこちら[peatix経由]から(http://ptix.co/1MT6YS3

テーマ:FileMaker 14 プラットフォームの様々な便利な機能を利用して備品管理ソリューション(備品台帳)を作成。

皆さんの所属する組織では必ず利用する様々な備品があると思います。

それらの備品を管理するのに何を利用していますか?紙の台帳でしょうか?或いは表計算ソフトでしょうか?本ワークショップでは、備品の管理や備品台帳に必要な機能を整理し(要件定義)、どのような FileMaker Pro の機能を利用すればこうした要望を実現できるか計画し(使用策定)ます。また、実際に使う際にはどのような実装が最も使いやすいか(インターフェースデザイン)を検証しながら、試行錯誤を踏まえながら作り込んでみます(実装)。最後に、アウトプットとしてレポート機能(集計)も組み込んでみます。



今回は、特に日常的に利用しやすい備品管理台帳を対象にします。チームに分かれ、チーム毎に話し合って必要な機能、利用環境などを選定して、FileMaker ソリューション(ファイル)を作成します。下記の手順の進行の中で FileMaker Pro、FileMaker Server および FileMaker Go の機能や仕組みを学ぶことができます。



1)2015年5月に発売された新しい FileMaker 14 プラットフォームの多くの新しい開発機能やモバイル機能を網羅的に理解します。

2)参考にするアプリケーション(今回は、備品管理台帳)の機能を確認します。

3)FileMaker 14 プラットフォームの機能から再現するのに最適な機能を選定します。

4)参考にするアプリと同様の機能やインターフェースを含んだ FileMaker ソリューションを作成します。

5)発表



当日チーム毎に作成する FileMaker ソリューション(ファイル)は、すべてお持ち帰りいただける環境を提供いたしますので、職場やご自宅にお戻りいただいてからも復習が可能です。



当日のスケジュール(概略)

・FileMaker 14シリーズの新機能や変更機能を確認
・ソリューション(今回は備品管理台帳)の機能として必要な仕組みをリストアップ
・ソリューションを実現する為のFileMaker 14シリーズの 機能を選定
・班毎に方針の決定、機能検討及び実装・開発
・発表とまとめ


当日チーム毎に作成する FileMaker ソリューション(ファイル)は、すべてお持ち帰りいただける環境を提供いたしますので、職場やご自宅にお戻りいただいてからも復習が可能です。

皆様のご出席をお待ちしております。

*定員数に達しましたら、事前申し込みを終了させていただきます。ご参加希望の方はお早めにお申し込みください。
*当日は、13時15分に開場します。


会場:
札幌市生涯学習センターちえりあ(サークル活動室5) 札幌市西区宮の沢1条1丁目1-10
http://chieria.slp.or.jp/

【地下鉄をご利用の場合】
地下鉄 東西線 宮の沢駅下車 地下直結通路 徒歩約5分(大通駅-宮の沢駅:約15分)

【車をご利用の場合】
札幌中心部より約25-30分。
駐車場:640台収容可能。(西友宮の沢店駐車場と共用。)
駐車料金:2時間まで無料(2時間以降は、30分毎100円。)

定員 25名(先着順)

ー テーマ:FileMaker 14 プラットフォームの様々な便利な機能を利用して備品管理ソリューション(備品台帳)を作成。ー