メールマガジン登録解除




DASCH Pro
FileMakerCertified & FBA








FileMakerJapan Site link

Learning from IT expert

FileMaker Pro User's Meeting

FM-Hokkaido
FollowMe @dbpowersco
レポート
レポート : もっと知りたいFileMakerPro vol.21
投稿者 : officials 投稿日時: 2008-06-17 20:52:49 (3917 ヒット)



新シリーズ FileMakerPro 活用講座
〜動かないスクリプトと繋がらないリレーションの向こう側〜

Step1:全ての情報基盤を整備する


開催日時・場所
2008年5月28日(水) 19:00〜
AppleStore 札幌

引用:
OSXだけでなくWindowsでも幅広く使用可能なデーターベースソフトFileMakerProをご紹介致します。FileMakerProは、敷居が低く奥が深いソフトです。このイベントでは、これから始める人や始めたばかりの人に全体観を理解していただく「For Beginners」、もう少し先に進みたい方に世界で愛されるFMの小技をご紹介する「For Advanced」、そしてざっくばらんな情報交換をする「Q and A」という3部構成でFMproをご紹介いたします。お気軽にお立寄りいただけるイベントを目指します。
今回(5/28)の内容は、
FileMakerProを業務、ビジネスに活用する事例紹介(その1)をお送りいたします。既に様々なワープロソフトや表計算ソフトを使用して沢山のファイルができ上がっていることと思います。それらの書類の整理に時間がかかりなかなかビジネスや業務でパソコンを活用できているとは思えない方々に送る事例紹介です。今回は、定型書類のFilemakerへの移行と顧客管理を作る上での注意点をご紹介します。またこのシリーズは今後複数回に渡って展開していく予定です。





新シリーズ FileMakerPro 活用講座
〜動かないスクリプトと繋がらないリレーションの向こう側〜

Step1:全ての情報基盤を整備する

情報基盤を3つに分類
 顧客情報基盤 
 画像情報基盤
 参照情報基盤

[顧客情報基盤]
全く情報がないのは稀で、表計算ソフトや住所録ソフトで情報を持っている場合も多いでしょう。なるべくこのテの情報は再利用できるに越したことはありません。カンマ区切りファイル(CSV)やタブ区切りファイルなどに一旦変換してファイルメーカーに一気にインポートします。
その上で、シリアル値を「全置換」で差し替えてレコードを適切な内容に整形しましょう。勿論スクリプトでそうした内容を整理していくの方法も可能です。

また最初のテーブルでもあるこのテーブルを作成する時はフィールドの命名規則に注意。一定の内容に従ってフィールド名を付けると後からのメンテナンスが楽です、フィールド名で並び替えると求める並び順になるように命名して置く事も試してみます。