メールマガジン登録解除




DASCH Pro
FileMakerCertified & FBA








FileMakerJapan Site link

Learning from IT expert

FileMaker Pro User's Meeting

FM-Hokkaido
FollowMe @dbpowersco
レポート
レポート : もっと知りたいFileMakerPro vol.20
投稿者 : officials 投稿日時: 2008-04-25 20:27:00 (3074 ヒット)



新シリーズ FileMakerPro 活用講座
〜動かないスクリプトと繋がらないリレーションの向こう側〜

Step0:スクリプトの基本とリレーションの基本


開催日時・場所
2008年5月23日(水) 19:00〜
AppleStore 札幌

引用:
OSXだけでなくWindowsでも幅広く使用可能なデーターベースソフトFileMakerProをご紹介致します。FileMakerProは、敷居が低く奥が深いソフトです。このイベントでは、これから始める人や始めたばかりの人に全体観を理解していただく「For Beginners」、もう少し先に進みたい方に世界で愛されるFMの小技をご紹介する「For Advanced」、そしてざっくばらんな情報交換をする「Q and A」という3部構成でFMproをご紹介いたします。お気軽にお立寄りいただけるイベントを目指します。
今回(4/23)の内容は、
リレーションを構築する上での基本的な考え方をご紹介します。複数のファイルがある場合にどのような観点でリレーションを組めばいいの。または、どこにどのようなリレーションを組めば効率的なシステムとして組めるのか。実際別々の顧客DBと顧客通信文書、請求書をリレーションで組み上げてみます。またこの題材を元に、ちょっとしたフィールドの設計の仕方からスクリプト処理までをご紹介します。





新シリーズ FileMakerPro 活用講座
〜動かないスクリプトと繋がらないリレーションの向こう側〜

Step0:スクリプトの基本とリレーションの基本

[スクリプトの基本]
とかく何が何でもフィールド、それも計算フィールドで大半の処理をしてしまいがちなFileMakerProですが、そこを一歩進んでより使い勝手を向実現するにはスクリプトを使う事が大切になってきます。

FileMakerProのスクリプトは、所謂プログラム言語とは異なり、非常に分かりやすい文言で構成されています。勿論高度な使い方も沢山ありますが、まずは基本的な考え方を確認します。

FileMakerProのScriptMakerで確認できる、スクリプトステップは日頃使っているFileMakerProのメニュー周りに出てくるよく見慣れたものが大半です。
これらのメニューは日頃マウスや、キーボードショートかットを使用して使っていると思いますが、それをつなぎ合せながら自動で実行してもらうのがスクリプトを組むという作業になります。

毎日行っている作業をひとつひとつ順序立てて、スクリプトステップを組合せていくとボタン一つで全て実行できることになります。